40代の妊娠出産

妊娠高血圧症候群の予備軍になってしまった!40代妊婦の私が試してみたこと。

こんにちは。晩産ワーママみとです。

無事、41歳で自然分娩した私ですが、妊娠中はさまざまなトラブルがありました。

みと
みと

11年前の、長男妊娠時にはなかった症状ばかりで、とまどった~!

そう、30歳で長男を妊娠したときは、特に問題なく出産までいけたのに、今回の妊娠はトラブルのデパート状態!

40歳妊婦のトラブル

・普段血圧が低いのに、突然高血圧になった

・妊娠糖尿病の疑いありで、2回ブドウ糖負荷テストをした

・辺縁前置胎盤で経過観察になった

・妊娠性痒疹で全身がかゆくてたまらなくなった

・頻繁に足をつるようになった

みと
みと

なんでなのーー???

 

まず今回は、妊娠初期に「高血圧」で悩んだ経験を書き残しておこうと思います。

 
>>>アラフォー妊婦向けおしゃれマタニティ

突然の高血圧にとまどう

普段はとても低血圧な私。

だいたい上が90くらいで、低いと85になることもあるほど。

それが、妊娠が判明したばかりの妊娠6週目のある日、140になりビックリ!

 

みと
みと

こんな高血圧になるの初めて。

私のカラダ、全身にたくさんの血液を送ろうと頑張ってるのかな・・・?

 

下記のサイトによると

妊娠中、血圧は特徴的な動きをします。妊娠成立後よりゆるやかに降下(生理的血圧降下)し、妊娠20週付近で最低値となります。その後出産(妊娠40週前後)にむけてゆるやかに上昇し、妊娠前血圧まで上昇します。生理的血圧降下は妊娠のごく初期から始まるので、妊娠前に血圧測定をしていない場合、妊娠によって下がった血圧をみて、自身の血圧値を過小評価している女性も少なくないのです。妊娠前より血圧測定の習慣を身につけ、自身の血圧を知っておくことが大切です。

 

妊娠前または妊娠20週未満で高血圧がある場合を「高血圧合併妊娠」といいます。高血圧合併妊娠では正常血圧女性の妊娠と比較して妊娠高血圧症候群(高血圧合併妊娠女性が妊娠高血圧症候群を発症する場合、「加重型妊娠高血圧腎症」といいます。)や早産、胎児発育遅延、常位胎盤早期剥離、帝王切開率の増加などが報告されています。妊娠前から自分の血圧がどの程度なのかは把握しておきたいものです。日本高血圧学会では、収縮期血圧140㎜Hg以上、または拡張期血圧90㎜Hg以上を高血圧と定めています。(図参照)妊娠・出産時のリスクを最小限に抑えるために、この数値未満に血圧をコントロールしておくことが最低条件といえます。

引用:国立成育医療研究センター

 

「妊娠成立後ゆるやかに降下」って書いてあるのに、今からこんなに高血圧だったら、私はこの先どうなっちゃうの?と心配でした。

 

医師に相談してみたものの、私の場合は

・下の血圧は90mmHg以下であること

・タンパク尿が出ていないこと

から、とりあえず様子見でOKと言われました。

 

 

妊娠中に高血圧を発症した場合を、妊娠高血圧症候群といいます。

そして、妊娠20週未満で140/90mmHg以上の高血圧になってしまうことを、高血圧合併妊娠というそうです。

 

みと
みと

以前は妊娠中毒症って呼ばれてたよ。

 

高血圧だと何が困る?

血圧が高くても、私の場合は特に自覚症状はありませんでした。

じゃあ、何が困るんだろう?と調べてみたところ、以下のような問題点があるということを知りました。

 

・正常血圧の妊婦に比べて母体死亡が約5倍

・胎児死亡や新生児死亡が約2倍

・帝王切開、産後の出血過多

・常位胎盤早期剥離

・早産、低体重児の増加

・母の脳出血、けいれん発作、肝臓腎臓の機能低下

など、さまざまな疾患のリスクがグンと上がってしまうそう。

 

みと
みと

恐ろしすぎる~~!

 

どんな人がなりやすいの?

一般的に妊娠高血圧症候群になりやすい人は下記にあてはまる人です。

・肥満体形の方

・もともと糖尿病や腎臓の病気がある方

・家族に高血圧の人がいる方

・双子などの多胎妊娠の方

・初めての出産の方

・以前にも妊娠高血圧症候群になったことがある方

・40歳以上の方

 

みと
みと

私は40歳以上っていう項目だけ、当てはまってるわ~。

私が行なった妊娠中の高血圧対策

もっと高血圧が重症化すると、薬を飲んだり、入院して安静にしたり、という治療が必要なようですが、私はとりあえず様子見の身。

ならば、自分なりの高血圧対策をしよう!って思い試してみたことを紹介します。

横になる時間を意識して取った

妊娠中って、とっても疲れやすくなります。仕事を続けながらの妊婦生活だとなおさら。

それなので、なるべく意識して横になって休む時間を作りました。

 

横になって休むと、腎臓や子宮への血流が増えて、血圧も安定するそうです。

 

みと
みと

会社の休み時間も横にならせてもらったよ。

 

栄養バランスのよい食事を心がけた

バランスのよい食事

私は幸い、つわりが軽いタイプ。おかげで偏食になることもなく、何でも食べられました。

 

お米などの炭水化物、肉や魚などのたんぱく質、野菜やキノコ類、乳製品など、栄養が偏らないよう、バランスよく食べることを心掛けました。

特に野菜やフルーツ、海藻類には、高血圧予防に効果的なカリウム、食物繊維が豊富に含まれています。

つわり中でも食べられるものを見つけて、積極的に取り入れることをオススメします。

 

血圧を下げてくれると口コミがあるものを取り入れた

血圧を下げてくれるもの、何かないかな~?と探していて、見つけた2つ。

口コミがよさそうだったので、試してみました。

リンゴ酢とお茶

リンゴ酢

まずはおなじみリンゴ酢。

酢に含まれている酢酸が代謝されるとき、血管を拡張させる「アデノシン」に働きかけ、血圧の上昇を抑えてくれる効果が、科学的に立証されているそう。

それに普通のお酢に比べて、フルーティーでマイルドだから、水で割って飲んだり、マリネに使ったりと、食事に取り入れやすかったです。

 

 

豊富な酵素が含まれていて、非加熱、無ろ過製法のリンゴ酢がおすすめ!

ヒュウガトウキ茶

ヒュウガトウキって聞いたことありますか?

江戸時代、門外不出の秘草「神の草」と呼ばれ、旧薩摩藩の人たちに愛されていた民間生薬のヒュウガトウキ。

高血圧や高血糖を改善してくれる効果があるお茶、と話題になっていることを知り、妊娠中しばらく飲んでました。

 

ヒュウガトウキには末端血管拡張作用があるため、血流循環が改善され、血圧を降下させる作用があるんです。

 

みと
みと

ちょっぴり苦いけれど、私は意外と好きな味!

 

 

ヒュウガトウキは漢字だと「日本山人参」って書くよ。

ノンカフェインなので、妊娠中も安心して飲めます。

<<<妊娠線のケアも忘れずに!

その後、高血圧はどうなった?

妊娠12週を迎えた頃、私の血圧は110前後で安定するようになりました。

上記の2つが効いたのか?はたまた別の要因があるのか?

 

実際のところはわかりませんが、その後は出産まで高血圧になることはなく、無事過ごすことができました。

みと
みと

ホントよかったー!

 

妊娠中の体調トラブルがあると、本当に心配になっちゃいますよね。

私は何かあるたびに検索魔と化してた・・・笑

 

次回は、「妊娠糖尿病の疑いあり」で戸惑った話を書きたいと思います。

※あくまで個人の体験談です。ご了承ください。

 

 

ABOUT ME
ワーママみと
ワーママみと
晩産ワーママみと 結婚6年目で授かった長男&17年目で授かった次男を育児中の会社員ママ。トータル10年以上の妊活を経て、体外受精をやめたらまさかの自然妊娠。 試してよかった妊活、不妊治療、高齢出産体験、もしもに備える防災術、仕事のコツなどを発信しています。
おすすめ

\断捨離でお小遣い稼ぎ/

断捨離のすすめ

\40代ママでもキレイに/

40代ママの美容法